JLJ logo HomeContact us
Japan Lunber Journal
Home > Japanese > 定期刊行物のご案内
Contents
会社情報
会社概要
業務内容
定期刊行物のご案内
用語集
リンク
Publications
JLJ Headlines
JLJ Subscriptions
Japan Wood Market Stats
Advertisement
Profile
Company profile
Services
Database
Industrial Topics
Bookmark
Market Prices for Hot Items
Housing starts
Glossary
Housing Structure
定期刊行物のご案内

JAPAN LUMBER JOURNAL

ジャパンランバージャーナルは日本で木材ビジネスを展開中或いは参入を考えているサプライヤーに、刻々と変化する日本の木材マーケットの情報を伝えています。日本は国内で消費する木材の80%近くを海外から輸入していて、3000万立方メートルとも言われる輸入木材製品の市場動向は、世界の木材産業界に大きな影響を与えています。地球環境保全の問題がクローズアップされ、森林の役割が多様化していく中で、ジャパンランバージャーナルは日本の木材に関連する情報を多面的に報道していきます。


Japan Lumber Journal provides information regarding the ever changing Japanese wood market to suppliers who are thinking about entering or further developing their wood product business in Japan. Close to 80% of the domestic consumption of timber in Japan is imported from abroad, and with 30,000,000 cubic meters of imported wood products, the market trends have a large influence on the global wood industry. With close attention being paid to problems of protecting the earth's environment and with variations in the role of forests being created, Japan Lumber Journal reports on information related to lumber in Japan from a variety of sides.

Japan Lumber Journal 6月15日号トップ記事(サンプル)

Japan Lumber Journal 6月15日号トップ記事(サンプル)

注目を集める国産材利用その実態はどうか?

外材の値上がりにともない、マーケットではスギを中心とした国産材の利用に関心が高まっている。あちこちの会合で話題になるため、国産材の利用が猛烈な勢いで市場に広まっているような印象を受けがちだが、実際に国産材の利用を増やしていくにはまだまだ多くの課題が残っている。
先日ある国産材利用のセミナーで、京都の森林組合が丸太を安定的に伐採・利用していく仕組み作りについて実例を紹介した。同組合の場合、丸太供給は商業ベースに乗った形で行われている。多くの森林組合や伐採業者がこの仕組みを学ぶため、連日見学に訪れているそうだ。
国産材の蓄積量は着実に増加しているが、それらを安定的に伐採・利用していく仕組み作りは極めて不十分なのが実態だ。供給体制の不備が国産材丸太の利用を遅らせているが、合板工場や集成材工場など大口利用者を中心に国産材利用の気運は高まっている。今後山元の供給体制の整備が進んでくれば、国産材利用はまだまだ伸びると予想される。

木材需給18年実績 前年並み87百万立方メートル

平成18年の木材(用材)需給は、農林水産省がこのほど発表した実績見込みによると、前年に比べて製材用およびパルプ・チップ用がわずかに減少したものの、合板用が9.3%増と伸びたほか、集成材などその他用が二割増を示し、総需要量は前年比1%増の八千六百七十五万立方メートルとなった。19年の需給見通しは18年見込み量に対して0.7%増。
18年の需給実績見込みの内訳は、製材用が前年実績に対して0.8%減の三千二百六十三万千立方メートル、合板用が9.3%増の一千三百七十五万三千立方メートル、


JAPAN WOOD MARKET STATS

ジャパン・ウッド・マーケット・スタッツは、毎月、政府機関より提供された資料と通関統計に基づき、多岐に渡る木材・建材・住宅関連統計データを使いやすいエクセルファイルでまとめています。全体で37項目に及ぶ統計表を、コンピュータ上ですぐに、簡単にデータベースとして利用することが出来ます。毎月15日発行、データに付随して月々の市況を概括したニュースを読めば、これらの厖大な統計から見えて来るマーケットの流れを素早く捉えられます。

→ 詳細、サンプル等はこちら
このページの先頭へ
Copyright JLJ Inc. All rights reserved.